スタッフブログ

NO.65【米沢市 新築コラム】庭のある家について【米沢・南陽・山形の新築住宅】

2018年6月03日

こんにちは。後藤組の新築 faceの家 内藤です。
米沢・南陽・山形で新築をお考えの方に、新築を建てる際にお役立ちできる情報をUPしていきます。
今回は、庭のある家についてです。 img_main.jpg



<一戸建て住宅ならではの「庭」の魅力>

広さによらず、庭には豊かな自然が息づいています。子どもと一緒に季節の草花を覚えたり、
鳥や昆虫の観察を行うなど、一番身近な自然である庭を介して家族のコミュニケーションも
育まれます。
また、通りに面した庭や生垣があれば、水やりなどの日常的なお手入れの際に、
近隣住人と気軽に会話を交わす機会も増え、世代を超えた人と人とのつながりが生まれる
きっかけにもなるでしょう。



<ライフスタイルに合った庭を手に入れる>

「庭づくりには詳しくない」という人でも、新築一戸建て分譲住宅などのように、
シンボルツリーや生垣などがあらかじめ植えられている住宅なら、緑のある暮らしを
手軽に始められます。また、街全体で統一したLED使用のガーデンライトを採用する
新築一戸建て分譲住宅地もあり、良好な周辺環境とつながりをもつ庭を手に入れる
ことも可能です。

ライフスタイルに合わせて、コンセプトのある庭と住まいを選べることは、
新築一戸建て分譲住宅の魅力のひとつ。最近では、「『農』のある暮らし」を
コンセプトに、自然と共生する住まいを提案する事例も生まれています。



<家族で楽しむ土いじり>

庭につくる小さな家庭菜園とはいえ、初心者にとっては試行錯誤の連続。
いざ始めてみたもののうまく収穫できず、長続きしないということも
あるでしょう。
家族と一緒に土いじりをして、育てた野菜を食卓でいただく「自産自消」
のスタイルは、日々の充実感や食の安全にもつながります。
そうした、大地とつながる庭での楽しみこそ、一戸建て住宅の醍醐味
だといえるでしょう
Faceの家展示場
ページTOPへ