スタッフブログ

NO.67【米沢市 新築コラム】あると便利な住宅設備は!?【米沢・南陽・山形の新築住宅】

2018年6月10日

こんにちは。後藤組の新築 faceの家 内藤です。
米沢・南陽・山形で新築をお考えの方に、新築を建てる際にお役立ちできる情報をUPしていきます。
今回は、あると便利な住宅設備についてです。


<家事の時短や省エネで暮らしを便利に>

子育て世代に人気が高い設備が対面式キッチンです。子どもの様子を見ながら、あるいは、

家族との会話を楽しみながら、調理や後片付けができるため人気があります。

また、忙しい毎日でも「食器洗浄乾燥機」や手をかざすだけで水がでる「タッチレス水栓」

があると、家事負担を軽減できるでしょう。「食器洗浄乾燥機」は共働きの家庭だけでは

なく、育児中の主婦からも家事時間の短縮を図れるアイテムとして支持されているので

戸建購入時には取り入れたいところ。次に、冬のフローリングで重宝するのが床暖房です。

部屋の空気を汚さず、空気も乾燥しないため、子どもや高齢者にもやさしい暖房設備です。

リビングダイニングやキッチンに導入するケースが多くみられます。最近、

省エネの観点から導入が進んでいるのは、窓の断熱性能を高める「複層ガラス」です。

「複層ガラス」は、ガラスとガラスの間に空気層があり外気の影響を受けにくいことから、

冷暖房効率をアップし、結露を防ぐ効果があります。



<快適な住まいには収納力も大切>

片づけやすいすっきりした家を目指すなら住まいの収納力も見逃せません。

収納の中でも「ウォークインクローゼット」は衣類だけでなく、季節の家電や日常的には

使わないものも収納できて便利です。また、玄関にシューズインクローゼットを設けると、

ベビーカーや子どもの遊び道具、ゴルフバッグなどのスポーツ用品、キャンプや

バーベキューなどのアウトドアグッズといった外で使うものを一箇所に収納できます。

将来にわたって住みやすい家であるためには、家族構成やライフスタイルを考えて設備を

入れることが得策。さっそく実際の物件を見学して、快適性を視点に物件を

選んでみてはいかがでしょうか。
Faceの家展示場
ページTOPへ