スタッフブログ

NO.75【米沢市 新築コラム】屋根材に関して【米沢・南陽・山形の新築住宅】

2018年7月15日

こんにちは!

後藤組の新築 faceの家 清水 です。

米沢・南陽・山形で新築をお考えの方に、新築を建てる際にお役立ちできる情報をUPしていきます。


今回は 屋根材に関して 書いていきます。


屋根材にもいろんな種類があります。
瓦葺き、かや葺き、鋼板葺き・・・
一般的なのは鋼板いわゆるトタンが主流です。
それぞれ特徴があり、かわらですと重いので海が近い地域で使われたりします。
見た目も重厚感あり、日本古来の和風な感じに仕上がります。
しかし、重量が重いので家への負担が大きいです。値段も高くなります。
一方鋼板は値段も安く、容易に施工されることから広く使われています。
一文字葺き、横葺き、立平葺きなど葺き方も選べます。(勾配にもよります)
今の鋼板は性能もよく、遮光率も高いです。
一番日が当たるところが屋根ですので重要ですよね。
日差しをシャットしてくれるので夏は快適です!
あと、雪をを自然におろしたいという場合でも鋼板屋根の場合
滑りがいいのですぐ落ちます(勾配にもよります)
そういったところも視野に入れていただけるといいかと思います。
もっと詳しいことはショールールで!
0080.jpg
Faceの家展示場
ページTOPへ