2019年11月18日

快適家づくり

雪国だからこそ「屋根」に注目すべきです【米沢・南陽・山形の新築住宅】

こんにちは!

後藤組の新築 ゼロボックス 廣谷 です。

米沢・南陽・山形で新築をお考えの方に、新築を建てる際にお役立ちできる

情報をUPしていきます。

今回は、リニューアル前のホームページにて過去のコラムで人気のあった内容を再掲載します。

雪国の家づくりにおける屋根の検討にお役立て下さい。

***************************************

 

本日は「屋根」についてお話します。

皆さん、家の絵を書いてください!

・・・と言われイメージするのは、

 

このような絵ではないですか?

 

三角屋根をイメージされる方が多くいらっしゃいますが、

住宅の屋根には様々な種類のものがありますよね。

ご自身の理想の外観イメージももちろんあるかと思いますが、

米沢のような雪国になると屋根の形状が非常に重要になってきます。

よくお客様の声にあがるのが、

「雪下ろしが必要ない屋根がいいです!」

という言葉です。

そうですよね、本当にこれはおすすめしております。

しかし、土地によっては落雪させるのが厳しいところもあるので、

ご自身の土地に合わせながら選ぶことが大切になってきます。

といっても、屋根にも様々な種類があります。

今回はその中でも多く用いられる屋根のメリット・デメリットをお伝えします。

それを踏まえて、ご自身の土地に、ライフスタイルに合った屋根をお選び下さい。

まずは…「切妻」屋根です。

 

先程言った三角屋根のイメージです。

二方向に分かれるため、敷地が広く二方向に雪が落ちても余裕がある!といった方向けです。

狭めの土地に切妻で建ててしまいますと、

隣地境界を超えて屋根から落雪してしまった…など

近隣トラブルにも繋がりかねません。

メリットとしては、もちろん雪下ろしは必要ありません。

(落雪する勾配でご提案しております。)

金額もグレードアップせずとも、お選びいただけるタイプです。

屋根といったらこれ!と王道の切妻屋根でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次にこちら「差掛け」屋根です。

最近よく目にするようになった気がします。

先程の切妻屋根を上下にずらしたような形状をしています。

こちらは切妻屋根より応用が効くのがポイントです。

土地に対して希望の配置はあるが、一方にはあまり落雪させたくない…

といったケースは多くあります。

その際は、差掛け屋根で2:8の割合で落雪させる量を調整もできます。

デメリットとしましては、屋根を上下にずらす分外壁の面積が多少増えます。

そのため金額的にも多少(場合によりますが12-15万程度)上がることとなります。

土地に対する配置、雪処理の方法、金額等併せてお考え下さい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次は「片流れ」屋根です。

雪国では鉄板かもしれません。

見ての通り、一方向に落雪させるような屋根です。

建物の配置を考えた際に一方多くスペースを確保できるのであれば、

その一箇所に落雪させることができます。

敷地の奥や、普段使用しないスペースであれば、

落雪した状態のまま溜めておいても問題ありません。

屋根から落ちた分の除雪は楽になりますよね!

デメリットを挙げますと、

落雪するくらいの勾配をつけて片流れ屋根を作る訳なのですが、

間取りによっては多少不格好になってしまう可能性もあります。

正方形、長方形それぞれに片流れ屋根をつけるのでは全然違います。

そういったデザイン的なことも考慮し、間取りによっては差掛けにしたりと

ご自身の土地と間取りに応じて考えましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後に「無落雪」屋根です。

 

こちらは文字通り、落雪がないような屋根です。

最近はデザイナーズ住宅も多くなり、無落雪のお宅も街中でよく見かけます。

落雪が無いタイプなので、土地が狭くても建てられるのがポイントです。

米沢は割りと土地が広い所が多いですが、

やはり街中になると狭くなってきます。

そんなときに無落雪屋根にすることで、問題をクリアできます。

見た目としてもお好みの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

しかしデメリットとしては、

どうしても雪を乗せるような形になるため、

通常より梁や柱を太くしなければいけません。

また無落雪屋根の仕組みとして、真ん中に樋が通っています。

(溶けた雪を地面へ流すため。)

そういった部分で他の屋根に比べてコストがかかります。

(約30-50万円)

また、柱などを強化したから雪を乗せたままでも良い!と言う訳ではなく、

 

ある程度積もったら雪下ろしをするのが良いです。

重みでどうしても建具が閉まりにくくなったりしてしまいます。

ですので、そのための屋根へのはしごもサイドについてます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いかがだったでしょうか?

全てに共通しているのは、

土地・価格を考慮して選ぶのが一番、ということです。

デザインで選ぶのももちろん素敵ですが、

雪国の山形では雪のことも考慮して選ぶ必要があります。

そういった点でそれぞれのメリット・デメリットを理解しつつ、

ご自身の土地とライフスタイルに合った屋根をお選び下さい!

 
一覧に戻る
Copyrights 2015 © 株式会社後藤組
All Rights Reserved.
お問い合わせ 資料請求 ご来場予約